保育士の専門学校の魅力的な特徴

保育士の専門学校は、保育や幼稚園教諭の国家資格を取得して保育園や幼稚園などの施設で子どもを扱う仕事に就きたいと考えている人にとってメリットの多い教育施設です。

もちろん保育の仕事をするために必要な国家資格をとるためには、必ずしも専門的な養成施設に通わなければならないということはありません。受験資格さえ持っていれば毎年1回おこなわれている国家試験を自分で申し込んで受験し、合格すれば資格を取得することは可能です。しかし保育士の専門学校で資格を取得することに比べるとこの方法で資格を取るのは難しい場合も多く、試験の合格率は2割を下回るほどの難易度です。

マークシートへの筆記の1次試験に続いて実技の2次試験を通過し合格するにはかなりの勉強が必要であるといわれています。一方、保育士の専門学校では学校により2年から3年の期間通学し必要な単位を取得したのち卒業すると、保育職に就くために必要な国家資格をそのまま取得することが出来ます。学校により資格の取得方法や受講方法に違いがありますが、全て修了すれば資格が与えられるのが魅力です。

加えて幼稚園教諭2種免許も保育士資格とともに専門学校で取得できることも多く、保育園だけでなく幼稚園も卒業後の進路に選ぶことが可能です。もちろん保育を学べる学校には4年制大学や短期大学もありこれらで国家資格を取得することも出来ますが、短い期間で学費も抑えて資格を取れる学校は保育士の専門学校でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *