保育士を目指す人のための専門学校とは

保育士になるためには、国家資格に合格するか、保育士養成施設を卒業する必要があります。

この養成施設には短期大学と4年制大学、そして専門学校があります。それぞれ特色は異なりますが、保育士を目指すにあたり専門学校を選ぶメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。まず最初に、専門学校には2年制と3年制の学校があり、2年制の方が主流となっていますが、3年制の学校ではじっくりと時間をかけて学ぶことができるほか、実習経験を少しでも多く積んでから働けるというメリットがあります。

また、3年制では幼稚園教諭の資格も取得ができることがほとんどで、幼保一体化という考え方が広まりつつある現代において活躍の場を多く持ちやすくなります。他にも、学校によっては夜間課程が設けられており、昼間は働きながら資格取得を目指すことができるコースがあったり、4年制大学に比べ学費がかからないということもメリットのひとつです。

そして、専門学校には指定校と併修校があり、指定校はその学校のカリキュラムを修了すれば卒業と同時に保育士の資格を取得できるのに対し、併修校では指定を受けた短期大学の単位を取得する必要がありますので、学校を選ぶ際には重要なポイントとなります。

以上のことを踏まえて、保育士の資格取得のための学校を選ぶうえでは2年制と3年制、指定校と併修校、幼稚園教諭など他の資格も取得できるかどうかなどを考慮し自分に合うところを選ぶとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *