保育士の専門学校選びで失敗しない方法

保育士に転職を希望する場合、国家資格を取得しなくてはなりませんが、保育の職場で即戦力として働くには専門学校で学ぶことが最善の方法です。

専門学校には2年コースと3年コースがありますが、3年コースでは幼稚園教諭の免許が取得できることが大きな違いです。どちらを選ぶかは、将来的なキャリアパスを検討した上で決めることが大切ですが、1日でも早く保育士の仕事がしたい、若しくは育児や介護などのために8時間労働が将来にわたった難しいといった理由があるのであれば2年コースが良いでしょう。

保育士の専門学校では、子供を保育するための基礎知識を座学と、実際に子供たちと触れ合いながら座学で学習してきた内容を実践する実習に区別されます。座学に関するカリキュラムも内容は学校によって異なりますが、主に子供たちのコミュニケーション力を高めたり、自立心を芽生えさせることを目標とした内容になります。

また、実際に子供たちと触れ合う教育実習については、保育士になるために必要な基礎知識を学んだ後になります。保育士の専門学校は、将来のキャリアパスを念頭に選ぶべきですが、それぞれの学校に教育方針があり、せっかく入学してもモチベーションが続かなくなることもあります。

このような事態に陥らないためにも、事前にしっかりとリサーチしておくことが大切です。専門学校によっては説明会や見学会を実施していますので、こういったものを参考にして自分に適した学校を選ぶことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *