保育士の専門学校とはどんなものでしょうか

保育士を目指す人にとってその資格を得るためにはどんな方法があるのでしょうか。

それはに専門学校等を卒業するか国家試験に合格するという方法があります。学校は卒業することでその資格を得ることができます。国家試験を受けて合格するためには学科と実技の両方に合格する必要があり、学科はかなり専門的な学習をしていかなければなりませんし。

実技面も音楽、造形、言語など独自で学習する必要があります。合格率は20パーセント前後と言われています。では保育士の専門学校にはどのようなものがあるでしょうか。その前に保育士資格を取るには短大、専門学校、4年制大学で所定のコースを設けている学校であれば取得できます。専門学校は2年制のものと3年制があり、また学校によっては通いやすいように夜間課程を設けている所もあります。

3年制は主に幼稚園教諭の資格も得ることを目的としていますが、それは各学校によって異なっているので入学するに当たっては調べておく必要があります。専門学校のメリットは保育現場ですぐに役立つ知識と技術が短期間で学べることです。卒業することで資格取得ができますが、その性質上保育に特化したものなので保育関連が主となります。また必要な科目を2年で習得するためかなり忙しいスケジュールになります。

早く資格を取って働きたい、学費を抑え確実に保育士になりたい、充実した就職サポートを受けたいという人に向いています。卒業までの経費は約200万円程度となります。ゆっくりと確実に知識や技術を学び、他の分野にも視野を広めたいという人は短大や大学という選択肢もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *