保育士になる為の専門学校について

近年、待機児童が問題になっています。

これを解消するためにも保育士の需要が現在高まっています。保育士になる方法としては4年制大学や短大に通う方法と専門学校に通う方法という2つの方法があります。ただし、前者に関しては時間とお金がかかるので、短期間でなりたいという方は専門学校に通うことが推奨されています。専門学校に通うことには多くのメリットがあります。

例えば、先程申し上げたように短期間で資格が習得出来ます。最短で2年通えば、保育士の資格を手に入れることが可能です。ただし、3年間通う学校に行けば幼稚園教諭の資格を手に入れることが可能なので、どちらかというと3年制の学校に通う方が多いです。

なぜかというと、将来就職する際の選択肢が広がるからです。そして、もう一つのメリットは費用が安く済むというところです。大学や短大に通うと莫大なお金が必要になりますが、この場合、最低200万程度用意出来れば十分通えます。そのため、お金が心もとない人の場合は専門学校に通ったほうが家庭への負担が少なくていいです。ただし、注意しておいてもらいたいのは同じ専門学校といっても仕組みが異なるというところです。

指定校と併修校という二種類のものがあり、前者の場合はその学校にだけ通っておけば卒業時に資格が貰える仕組みになっています。後者の場合はそれとは別に大学や短大に赴いて授業を受ける必要があるので、別途お金がかかることが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *