専門学校に通って保育士になる

保育士の専門学校は、2年間通う学校と3年間通う学校があります。

2年間通う方が、授業数も多くなります。しかし短期間で資格が取得できるのでお勧めです。保育科のある大学や短期大学に行くには、受験勉強が大変です。しかし、専門学校ならば、比較的楽に入学する事が出来ます。入学するのは簡単ですが、卒業するのは大変です。

入学しても、あまりの授業数の多さに驚いて大変な事を知り、学校をやめてしまう人もいます。学費も高額ですので、保育園や幼稚園で働きたいという強い気持ちを持っていないと、中々大変な授業や実習についていけないという現実があります。しかし、無事に卒業が出来れば、国家試験を別で受ける必要はありません。

幼稚園教諭と保育士の資格が卒業証書と共に授与されます。専門学校では、付属の幼稚園を運営している事が多いので、そこで現場実習を行います。授業も沢山の事を学びます。保育の心理学を学んだり、保健関係や栄養の事を学んだりと沢山の授業があります。テストも行われますので、覚える事も多く、かなり勉強しなければならないでしょう。

実技の授業も多く、ピアノの授業もあります。体育の授業も多いので、体を動かすのが嫌いな人は、かなり大変でしょう。しかし保育士は、子供達と体を使って運動する事が多い職業ですので、とても重要な授業です。子供の遊べ矢、リトミックなども教えて貰えますので、現場に出てからも、直ぐに役に立つ事が多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *