保育士は専門学校でも不利にならない?

保育士になるのなら、専門学校でも不利にはなりません。

学歴や資格は基本的には重視されず、経験や人柄などが重視されるからです。専門学校には2年制のコースと3年制のコースがありますが、3年制のほうが有利になるということでもありません。

保育についてじっくりと勉強をしたい人が3年制のコースを選ぶ傾向がありますが、就職においてはどちらが有利・不利というわけでもありません。3年制のコースでは幼稚園教諭二種の免許が取得できる場合がほとんどですが、2年制のコースでは幼稚園教諭の免許が取得できないこともあるので、よく考えて選びましょう。

これからの時代は、幼稚園と保育園を合体させた「こども園」が増えていくという予想もあります。幼保一元化などと呼ばれていますが、「こども園」に就職を希望するのなら、幼稚園教諭二種の免許はとっておいたほうがよいでしょう。あくまで保育士を目指すという場合にはそれほど影響しない可能性もあります。基本的には学歴は関係ないので、専門学校卒だからといって将来の転職で不利になるということはないでしょう。

経験や人柄のほうが重要になります。保育士の就職先としては、保育園だけではなく知的障害児通園施設、母子生活支援施設、児童厚生施設などさまざまな施設があります。また、民間企業で雑貨・子ども服などの販売員として働く人などもいます。就職先で困る可能性は低いです。保育士の需要は高まっていますので、しっかりと経験をつんでいれば将来で困る可能性は低いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *