保育士の資格を専門学校で取得するには

保育士になる為には文部省・厚生労働省が指定した専門学校で必要な課程を修了して、卒業することで資格を取得することができますが、そんな保育士の専門学校には文部省・厚生労働省指定校と併修校の2種類が存在しています。

まず文部省・厚生労働省指定校は一般的に指定校と呼ばれていて、卒業と同時に保育士の資格と幼稚園の教諭2種免許を取得することができます。それに対して併修校とは文部省・厚生労働省の認可を受けていない専門学校なので、通信制短大などを併修して資格取得を目指す必要があります。

そのため一見すると面倒にも感じる併修校ですが、卒業と同時に短大を卒業したのと同等の扱いとなるためメリットがあります。また通信制短大のカリキュラムの中には社会福祉などの資格も取得できるものがあるため、その点もメリットとして挙げることができます。

そんな専門学校で保育士を目指すメリットですが、やはり卒業と同時に保育士と幼稚園教諭の資格を両方取得することができるところ、また資格の取得までには最短で2年で取得することができる点も大きなメリットです。そのため学費も4年制大学よりも安いので、学校によっても異なりますが年間で90万円ほどで通う事ができます。

ただし2年間で全ての保育知識や技術を習得しなければならないので学習に関しては忙しく、通学制のため社会人や主婦の方には通う事が難しいというデメリットがあります。このように専門学校で資格を取得するには、短期間でしかも費用も安く取得できるといったメリットがある一方で、2年という短期間で全ての知識と技術を習得しなければならないという大変な面もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *