保育士養成の専門学校に行くメリット

保育士になろうと考えたとき、方法は二通り考えられます。

一つ目は、保育士の養成を目的にした専門学校など、養成機関に通うことです。二つ目は、試験を受けて資格を得ることです。養成機関では保育についての専門知識を学びます。講義の内容は、初めは座学で理論などを学んでいくことが中心ですが、学習が進むにつれて、内容も専門的かつ実践的なものとなってきます。

そして、卒業までには実際に保育園に行って保育を経験する、実習を行います。その中で、実際に子どもたちと関わり合いを持ちます。試験を受けて保育士になる場合、筆記試験と実技試験を受け、基準以上の点数を取れれば合格となり、国家資格を得られます。筆記試験は、保育を行う上で必要な専門知識の内容で科目数も多いです。実技試験は、音楽や美術などの中から自分の選択した分野で実際に演奏や描画を行います。試験を受けて保育士になる場合、資格を取得するだけならば子どもと実際に関わることなく取得可能ということです。

しかし、いざ保育士として働き始めた後に、思い描いていた仕事のイメージと実際の仕事とにギャップを感じ、辞めてしまう人も、事実として存在します。専門学校で実習を経験していれば、その経験を通して子どもと実際に接する経験も持てていますし、その分ギャップを感じる可能性も資格だけ取得した人より少ないと言えます。保育現場での求人も、専門学校を卒業している人に需要があると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *