保育士専門学校でとっておきたい資格

保育士資格は、厚生労働省の指定を受けた養成機関で必要な課程を履修し卒業するか、国家試験を受けて合格すると取得できます。

現在社会人として別の仕事をしていたり、主婦だったりする場合は、通学が難しいため国家試験を受けることが一般的です。
現在高校生で、将来的に保育士になりたいという人は保育士養成学校に進学するといいでしょう。
学校では実技授業や実習を受けられるため、保育現場ですぐに役立つ技術を身に着けることができます。

養成機関には4年制大学、短大、専門学校がありますが、中でも保育現場で役立つ技能を身に着けられるのは、授業の内容が保育に特化している専門学校です。
専門学校にはたくさんの種類がありますが、選ぶ際は、資格の取得が充実しているところがおすすめです。
卒業すれば無試験で保育士資格は得られますが、それ以外の資格もとれるところがいいでしょう。
特に幼保一体化の流れが進んでいる現状を考えると、幼稚園教諭免許は取れるならぜひとも取っておきたいところです。
今は保育士しか考えてないという人も、取得して置けば将来の就職の幅が広がります。
また保育所に就職した後でそこが認定こども園へと転換したために、幼稚園教諭資格を取得するように言われたというケースも増えています。

学校によっては提携短大の通信課程を履修することで幼稚園教諭免許が取得できるところもあります。
その場合は短大の履修費用が別途かかってしまいますが、短大卒業資格も手に入ります。
進学したら取得できる資格にはどのようなものがあるかをよく考えて、学校選びの参考にしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *