保育士は専門学校ではなく大学でもなれます

保育士に安い費用と短い期間でなろうとすれば、都道府県知事指定の専門学校に通うことが効率的です。

しかし、授業内容は非常に狭い範囲であり、保育士資格を取得するため以外の科目は、ほとんど学習できません。

さらに、安いと言っても年間100万円以上を支払うことになるので、金銭的負担は決して小さくありません。

大学なら、保育士専門学校より費用と時間はかかりますが、
様々な分野のことを学習できるので、幅広い知識が身につきます。保育士資格を取得するために大学に通うと、心理学、児童心理学、教育学といった、専門的な知識を身につけることができます。

また、大学だと講義がない時間もあるので、その間にアルバイトをしたり、専門外の科目を学習したりと、様々な活動に時間を使うことができます。

また、就職活動にも多くの時間を割くことができるので、数多くの保育園や他の企業を見て回ることも可能です。大学に通う場合、学費は専門学校より多く必要ですが、奨学金や教育ローンを利用することによって、金銭的負担は大きく減少させることができます。

保育士資格を取得するために専門学校へ入学すると、確かに短い期間で資格を取ることができます。しかし、幅広い教科を学習することはできないので、知識の幅は大きく狭まってしまいます。

幅広い知識を身につけ、高い視点から物事を判断する人材になるためには、大学の方が向いています。

大学に通うための授業料も、将来的なことを考慮すると、決して高いわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です