保育士を目指して専門学校に通う

子どもが好きだということであれば、保育士の仕事に興味を持つことでしょう。
子ども好きであることがこの仕事に就くには大切な条件の一つになるのですが、それだけではこなしていくことができるものでもありません。
ともに必要になるのが、責任感や忍耐力になります。
さらに、子どもを抱っこしたり、追いかけたり、着脱をさせたり、肉体的な負担もかかるので、体力も必要になります。
そして常に子どもを理解しながら優しさや思いやりを注ぐようにしていきます。
それ以外にも、ゲームをしたり、音楽や工作などで一緒に遊びながら指導すしていく力も必要になります。

保育士になるためには専門的な知識などを学ぶ大学や短期大学、専門学校に進学して資格を取るようにします。
中でも専門学校というのは、保育の勉強だけをすることになるので、現場に最も近い形で在学中に学ぶことができます。
厚生労働大臣の指定した学校になると、そのまま2年または3年で卒業をすることで資格を取ることができるようになります。

今は共働き家庭が多く、子どもを産んだ後にも仕事を続ける女性が増えていることもあって、保育所に入所できない待機児童問題が話題になっています。
このような中で、幼稚園と保育所の両方の機能を持つ認定こども園が増加しています。
その動きの中で保育士と幼稚園教諭の資格を取得していると職場を選びやすくなります。
専門学校でも幼稚園教諭の資格を取得できるところもあるので、そういった観点から学校選びをしてみることも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *