保育士の専門学校について

保育園で働きたいならば、保育士の免許が必要です。
大学の保育科や専門学校で取得できます。
専門学校では、幼稚園教諭と保育士の資格を両方とも取得できます。
入学試験は歌の試験などの実技がある学校もあります。
卒業して国家試験を受ける必要はありません。
きちんと単位を取って卒業できれば免許状を貰えます。

国家試験を受けなくて良いですが、毎日の授業は大変です。
保育士の専門学校では、体育の授業がとても多いです。
ダンスや子ども向けのリトミックの授業などもあります。
専門学校では、敷地内に幼稚園などを併設している所も多いです。
なので幼稚園のクラスに入って実際に子供と触れ合う機会もあります。

ピアノの授業があります。
幼稚園に就職する人は毎日の様にピアノを弾かなければならないからです。
ピアノを習っていない人は授業で一から教えて貰えますが中々大変です。
ピアノが弾けない人は、あまりピアノを使う機会のない保育園に就職する事が多いです。
2年生になると教育実習があります。
保育園と幼稚園に実習に行きます。
家の近くの園で行います。
数週間実際にクラスに入るのでとても大変です。

慣れてくると一日実習というのが行われます。
一日のスケジュールを自分でたてて先生の代わりに一日保育をします。
最近の日本では保育士が足りずに困っている現状があります。
保育士争奪戦ともいわれる時代です。
資格を取得すれば、就職先には困らないというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です